初の地方大会名古屋大会の全カード発表!

最終更新: 2019年11月5日

JUST TAP OUT初の地方大会が後楽園大会前に開催されます!


その全カードの発表です!


【中京後援会プレゼンツ 名古屋大会】

開催日:2019年11月8日(金)18:30試合開始

会場 :名古屋レジェンドホール

第1試合

イーグルマスク&ビリケンキッド&超人勇者Gヴァリオン(BRAVES) vs ブラックイーグルマスク&ブラックチャンゴ&柴山貴哉(DEP)




----------------------------------------------

ビリーケン・キッド

生年月日:1973年11月27日

身長:170cm

体重:80kg

所属:プロレスリングアンサー

デビュー:1996年(メキシコ・クエルナバカ vs )

得意技:ファイヤバードスプラッシュ

    ビリーケン・ドライバー

    ベルティゴ

Twitter: @billykenkid1127

公式HP: https://billykenkid.com/

”大阪エスペランサ”の異名を持ち、そのキャリアから

数々の団体を渡り歩き、いくつものタイトルを戴冠している大ベテラン

メキシコから始まったプロレス人生は現在、大阪・川西をもりあげ、

ときに慈善活動を行い、マットプロレスという新しいジャンルの開拓

などに活かされている。

---------------------------------------------

(C)柳ヶ瀬プロレス


-------------------------------------------------

柴山貴哉(しばやま たかや)

生年月日:1980年 4月15日

身長:173cm

体重:85kg

所属:DEP( ダイワ・エンターテイメント・プロレスリング )、柳ヶ瀬プロレス

デビュー:2003.3.16(東海プロレス レインボーホール第3競技場大会 vs谷上典之 )

得意技:ロックオンタイム(ダイビングエルボードロップ)

    斬影拳

    サイコクラッシャーアタック

Twitter: @lockontime


「シバヤマ!」と声をかけると「うっせえおら!」と返すことでお馴染みの、中京マットの人気者。2011年より椎間板ヘルニアのため欠場していたが、2014年に復帰。2018年にはデビュー15周年記念興行も行った。柳ケ瀬プロレスには初期より参戦しており、正規軍の貴重な戦力として活躍中。斬影拳、サイコクラッシャーアタックなど、格闘ゲーム由来の技を使用する。名古屋・栄にてプロレスBAR「ロックオンタイム」を経営中。 (柳ヶ瀬プロレスHPより)

また、DEP無差別級王者の経歴を持つ

-------------------------------------------------




第2試合

稲葉ともか&めぃりぃ(ブルアーマーリングサービス) vs 雫有希(きらきら太陽プロジェクト)&rhythm



-------------------------------------------------

めぃりぃ

生年月日: 3月16日

身長:150cm

体重:49.9kg

所属:BRS(ブルアーマーリングサービス)

デビュー: 2012.4.15(平塚区民センター vsHARU )

得意技: スイングDDT     ドロップキック

Twitter: @maylee17


看護師兼メイド兼学生兼予備自衛官という異色のレスラー

実際に試合会場で人命救助を行ったこともあるという

”永遠の17歳”である。

-------------------------------------------------


稲葉ともか選手

「めぃりぃ選手ははじめて聞く選手で日本の方か外人さんなのかも分からないんですけども、一緒にがんばって雫有希選手とrhythm選手から勝ちます。」




第3試合

舞華 vs 沙恵(柳ヶ瀬プロレス Ladius)

(C)柳ヶ瀬プロレスLedius


-------------------------------------------------

沙恵(さえ)

生年月日:1980年 4月15日

身長:168cm

体重:67kg

所属:柳ヶ瀬プロレス Ladius( やながせプロレスレディウス )、REINA女子

デビュー:2017.10.25( CMLL-REINA後楽園ホール大会 vs結奈)

得意技:ウィングクラッチホールド

    カミカゼ(リッキーフジ公認)

    スパークリングボム

Twitter: @ngy_sae


2017年にREINA女子プロレスでデビュー。名古屋ドリームガールズプロレスとのダブル所属となり、2019年2月の同団体旗揚げ興業で初勝利を記録。同年3月には中島安里紗とのタッグでSEAdLINNNG BEYOND THE SEAタッグを獲得する。順調に成長を見せていたが、同年6月にナゴ女が突然の活動停止。プロレスを続けたいと柳ケ瀬プロレス・柚原オーナーに訴え、柳プロの一員として迎えられる。女子部改めLadius(レディアス)のエースとして、飛躍を誓う。(柳ヶ瀬プロレスHPより)

-------------------------------------------------


TAKAみちのく代表

「名古屋で活躍している身体の大きな選手なんですけども、これも経験を積むということで組みました。」


舞華選手

「沙恵選手は代表から身体の大きい選手だと聞いたんですけども、どんぐらい大きいかは分からないんですけども、やるからには大きい身体の選手とバチバチやりあっていきたいと思います。(相手の)キャリアもどのくらいかも分からないんですけども、(私の)経験的に今ままで私が戦ってきた相手よりかは弱いかな?と自分の中では思っています。それでナメることなく全力で叩き潰しにいきたいと思います。」



セミファイナル

武蔵龍也 vs 黒潮”イケメン”二郎(フリー)




TAKAみちのく代表

「(武蔵)龍也は身体もデカくてパワーファイターなんですけども、(黒潮)”イケメン”二郎とは正反対のキャラですけども、そういう相手に対して(武蔵選手が)どういう動きをみせるのか?ということ(に興味があるの)でこのカードを組みました。」


武蔵龍也選手

「黒潮”イケメン”二郎選手の独特なペースに飲み込まれないようにすれば、勝てると思いますので最後は雷を落として勝ちます。」



メインイベント

TAKAみちのく&KANON vs 田村ハヤト&新


KANON選手

「自分が4年間住んでいた所なので、知り合いとかも来ますし、初の地方大会なのでしっかりと結果を残したいと思います。」


田村ハヤト選手

「名古屋・大阪・後楽園と全部メインイベントだと今知ったので、メインはやっぱり一番重要だと思うので、そこで勝って大会を締めるのはボクの役目だと思うので、全大会全力でがんばっていきます。」


新選手

「メインイベントらしくがんばります。」

0回の閲覧

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません
The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © Professional Wrestling JUST TAP OUT  All rights reserved.